婚活や初めてのデート、見栄や背伸びは逆効果!

デートでの見栄や背伸びは・・
 
婚活というのは、誰しも緊張するものです。
婚活するにあたって、全く自分を偽らずにその場にのぞめる!
という人は少ないでしょう。
 
しかし、「ことは婚活だからこそ」
できるだけの背伸びをせず、自然体での対面を心がけたいものです。
 
何故ならば、もしもその相手と結婚するとしたら、
これからとっても長い付き合いをしていかなくてはならないのですから。
 
 
デートの待ち合わせ
 

初めて、お相手と会う日。
 
この日は、普通誰だって、ある程度の背伸びをします。
もちろん、身なりや、清潔感には気をつけていただきたい。
でも、その背伸びも、「ある程度」までにしておきましょう。
 
例えば女性であれば、
「かなり」気合いの入ったブランドものの服やバッグ、アクセサリー。
このラインナップを見て、喜ぶ男性はあまりいません。
 
 
男性であっても、初日に高級品ばかり選んでも、あとが続かないのでは墓穴を掘るに等しいのです。
 
会話の内容も、初日はある程度の、ぎこちなさがあるものでしょう。
しかし、自分の生活を「盛って」みたり、見栄を張ってはいけません。
 
付き合いが長くなるとすれば、いずればれるようなことを言っては逆効果です。
 
 

素のあなたが見たい
 
婚活のお相手は、素のあなたを知りたいのです。
あなただって、そうだと思います。
 
見栄を張った、ニセモノのお相手のことを知りたいのではなく、お相手の本当のところを知りたいと思って、お見合いやデートに時間を使うのですよね。
 
でも、あなたが背伸びをして、緊張したままなら、相手も緊張がほぐれませんし、背伸びをしなくてはいけないと思うかもしれません。人間関係って、お互い様のものですよね。
 
 
ですから、是非とも、あなたのほうから背伸びをせず、緊張をほぐすような働きかけをしていっていただきたいと思います。
 
例えば、ひとつの手法は、「敬語を使わない」ということ。
もちろん、初対面のご挨拶は、ですます調の言葉になることでしょう。
しかし、挨拶が終わり、ふたりの時間に少し慣れたら、
「敬語は、なしにしませんか?」と、相手に持ちかけてみるのです。
 
 
デートでの言葉。言葉は感情のやりとりそのもの
 
初対面の日でなくても、お見合いがデートに発展した日でも。
 
言葉とは、感情のやりとりそのものです。

言葉が変わると、気持ちも近づく。
 
それが結婚に繋がるにしろ、繋がらないにしろ、素のあなたを見せたり、素の相手を垣間見たりする切っ掛けになることは確かです。
 

言葉づかい、ファッション、行くお店……。
色々な面で、「あなたの好き」「あなたの居心地よさ」を相手に伝えませんか?

 
それと同時に、相手がなにを好きなのか、
相手にとってどんな環境が、居心地が良いということなのか……

それも感じ取ってください。
 
 
それらにお互いに納得したとき、あなたの目指す「結婚」が近づいてくるのです。

 
 
 
↓ポチっと応援していただけると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村