一大ブームになった街コン。終了のお知らせ

街コン
 
結婚相談所などに属さず、独自に婚活を続けている……

 

という方の中には、既に参加経験のある方も多いと思います。
2010年を過ぎた頃から、一大ブームになった「街コン」は、
気軽に参加できて、しかも楽しめる婚活として、
一時期どこの街でもやっていると言われるほど流行したものです。
 
ただ、2014年に入った頃から、
街コンブームの終焉がささやかれるようになったとか。
一体どういうことなのでしょうか?
 
18113186988_873b616e3a_z
一時期どの街でもやっていた街コンも今や下火に・・・
 
 
そもそも、街コンというのは、街の中の飲食店から参加店舗を募り、
そこへ参加表明をした数百人から1,000人規模の男女を振り分け、
町中の至るところで合コンをして、出会いを導こうという取り組みです。

 

参加人数が多く、それだけ相手に出会える確率が高まることが売り。
そして、数千円ほどの参加料金に、飲食料金が含まれますので、
合コンのかたわら、食べ歩きという別の楽しみも味わおうという、
一石二鳥を狙ったプランでもあります。
 
街コンの情報はポータルサイトに掲載され、参加の申込みもそこで行うのが一般的です。
 
ただ、最近では、街コンの取り組みは全国的に不振と言われています。
 
 
 
婚活と、地域の活性化を兼ねた取り組みだったはずなのですが、
現実的に「異性との、結婚を見据えた出会いが無い!」
ことが最大の問題になりはじめたからです。

 
通常の合コンと同じく、街コンではスタッフからのサポートは基本ありません。

 
 
そこで男性の側からは、運営の悪さ(男女比率の問題や集まる店の偏り)などもあって、
 
女性に連絡先を聞くこともできなかった、
気になるようないい相手と話せなかった・・、
という不満が出がちで、
 
さらに、女性の側からは、
遊び好きの軽い男ばかり・・・、
真剣に出会いを求めている人がいない・・・
 
などと様々な意見が出されています。
 
街コンは不振
 
飽くまでも、「婚活」をメインに打ち出した企画だけに、
これらの不満は街コン不振の最大の原因となっています。

 
(他にも参加料と比べて飲食内容がしょぼい、飲食店側もリピーターがないので
儲からず参加店舗が減るなど、いろいろ問題はあるようですが・・)
 
 

婚活をしたい、結婚相手を探したい……と思っている人にとっても、
こうしたウワサはマイナスポイント。
参加者は減少する一方で、現状やはり、
街コンはブーム終了の方向へ向かっていると言わざるを得ないのでしょう。

 
 
これから婚活を考えるのであれば、「どこの誰か分からない人」に
とにかくたくさん会うことのできる、街コンのような方法よりも、
 
数は少なくても、最初から「どこの誰なのか」、
さらに趣味や嗜好が分かっており、お互いが結婚したいと思っていること
を前提に、ゆっくりお話のできる環境が整う・・・
 
そのような方法を用いるほうが、結婚に対しては近道と言うことができます。

 

婚活の方法は様々にありますが、あなたのタイプや希望にあわせ、
また「結婚」という目標に向かって、最善となる方法を選んでくださいね。
 
 
本日もありがとうございました。
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村